「ふんわりさっくりLinuxカーネル」を読んだ

技術書典4で購入した掲題の本を読んだメモ。 読書の所要時間:約13分

本の概要

  • タイトル:ふんわりさっくりLinuxカーネル
  • 著者:かまずにまるのみ、ただあき(敬称略)
  • 印刷所:日光企画
  • 購入価格:失念した。500円~800円だったと思う。

購入したきっかけ

Linuxカーネルとはよく聞くし勉強しなきゃいけないけど、書店に並んでいるカーネル本の多くは厚く、値段が高く、手を出しても中途半端になるのが目に見えている(=積み本になるのが目に見えている)ので後回しにしていたが、この位の厚さ(新宿版ホットペッパービューティの1/3位の厚さ)なら読み切れると思い購入した。 あと、表紙がゆるい感じだったのも読み切れると思った一因。

内容はどうだったか

Linuxカーネルが担っている役割について、ゆるいイラストと共に用語などをざっくり説明している。ゆるく入門するには良いのではないかな。

所感

ただし、これだけ読んだ知識で、よくあるLinuxカーネル本にいくのはきつそう・・・なのでもう少し掘り下げた初心者向け本が読みたいと思った。