webpack-dev-serverでホットデプロイできなかったけどpublicPath指定したらできるようになった

概要

webpack.config.jsの設定は何がベストか色々試して居た時にwebpack-dev-serverホットデプロイができなくなったんですが、publicPathを指定したらできるようになったのでその記録。 

webpack-dev-server

開発用に使用できるwebサーバ。

publicPath

  • webpackの設定ファイルであるwebpack.config.js(ただし命名はこの限りではない)のoutput要素内で指定可能な要素。
  • output要素では、生成したファイルをどこに格納するかwebpackに伝える。
  • output要素のpublicPath要素で指定されたパスのメモリから、再コンパイルされたバンドルファイルが提供される。

contentBase

  • webpack-dev-serverに特定のcontentBaseを設定しない場合は、現在のbuild(dist等命名はこの限りではない)ディレクトリ内のファイルをデプロイ対象のファイルとする。

参考