Git

特定のcommitの状態にして戻したい

Git

一つ前のcommitの状態に戻したい git reset --hard HEAD 二つ前のcommitの状態に戻したい git reset --hard HEAD^ またはgit reset --hard コミットID ※コミットIDは最低7桁 それ以上前のcommitの状態に戻したい git reset --hard コミットID

直前のcommitを修正する

Git

修正したファイルをステージングにあげた上で git commit --amend

リモートリポジトリをgitでcloneする

Git

workspaceに移動後、git clone リポジトリ名

未コミットのファイルはどうでもいいからチェックアウトしたい

Git

git checkout --force ブランチ名 でできた。 なお、チェックアウト前のブランチの、未コミットのファイルの変更は破棄されてしまうので注意。変更はどうでもいいからチェックアウトしたいときに楽できます。

新しく購入したMacにGitを入れたがpushで少しハマった

Windowsの時はこんなことやったっけなと思いつつ、pushできなくて少しハマったので忘備録です。 前提として、README.mdが含まれたリモートリポジトリが作成済みであり、それをpullするところまではスムーズでした。 ハマったポイントは2つで、解消したらpush…

ローカルのGitブランチを削除する

Git

git branch -D hogebranch

OSSのリポジトリをForkしてブランチ切ってプルリク出す

概要 多分忘れて何度も検索しそうなので忘備録。 参考にしたのはこちらのページ。 手順 ※この記事では派生元ブランチはdevブランチとする。 Forkする。 Forkしたいリポジトリへ行き、右上のForkボタンを押すと、自分のアカウントにリポジトリのコピーができ…